タイミングが大事!事故車を査定に出すための知識

業者を使おう

事故車や廃車寸前の車は、業者によって査定対象になることもあります。売るのにベストな時期をランキングで紹介しますのでチェックしましょう。

高く売れるのはいつ?ランキングでチェック!

no.1

一番ベストなのは3月!

車の需要が最も高まるのは、3月です。2月下旬に差し掛かると新車や中古車の売れ行きがよくなるので、それを狙って事故車の買取をしてもらいましょう。

no.2

9月でもまだ遅くない

3月のように販売台数は多くないものの、この時期も車が大変売れやすいといえます。時期がズレると、車を手放す確率が高くなるので早めに査定してもらいましょう。

no.3

ボーナスがもらえる12月

年末年始前にもらえる冬のボーナスも、車を新しく買い替える人が続出するため、中古市場も賑わいを見せます。また、この時期は査定額もアップしやすくなるでしょう。

no.4

車検に通す前に売る

車検を通していた方が高く売れるイメージですが、実際は車検の有無はほとんど確認しません。そのため、車検が切れる頃を目安に売却する方が多いです。

no.5

値段が大きく下がる前に売る

事故車を高く査定してもらうには、価値が下がる前に売却を決意する必要があります。特に軽自動車の場合は、普通自動車に比べて値段が安く、買い替える際のスパンも短めです。そのため、早めに売却するよう促しているのです。

意外と知らない知識

事故車を売却するといっても、普通の売却とどう違うのかほとんどの方は知らないかもしれません。知識を得るためにも違いを把握しましょう。

何が違うの?廃車と売却の違い

廃車のメリット

自動車税の残存時期によっては、寄付金が受け取れる可能性大です。廃車の場合、次に乗る人がいないため最後の所有者となります。

売却のメリット

査定をした後比較的早く現金を受け取ることができます。まだ乗れる状態なら、別の人に利用してもらえます。

事故車でも諦めない!査定で現金を手に入れる方法とは

自動車

ボロボロでも高く売れる可能性はある?

事故車の場合は、修理をしなければならないためほとんどの場合廃車にすることがあります。しかし、ボロボロの車も海外ではかなり需要が高いため、海外へ輸出し利益を上げている業者の場合は、廃車寸前の車を高く買取してくれます。

新しく車を購入する

車を新しくする場合、愛車を売却して得たお金を購入代金の一部にあてることを下取りといいます。以前から多くの方が利用するポピュラーな方法で、各業者が設定する下取り価格を目安に、金額を決めます。納車と同時に新しい車が手入るため、代車が不要になる点が魅力です。

個人売却という手もある

専門業者を介さないので、費用の削減が可能です。さらに自分の好きな金額を設定できるでしょう。下取りで値段をつけてもらえなかった廃車や事故車も、ネットなら販売可能です。

[PR]
中古車を買うなら金融車がイチオシ!
販売価格がリーズナブル☆

広告募集中